日本のプロ野球には保留制度という規則があり、選手の移籍を事実上制限しています。

この制度の下で、球団は保留権を有する選手については、国内国外を問わず、選手が他球団に移籍するために契約交渉、練習参加等を行うことを禁じています。

そのため日本のプロ野球では、選手が自分で他球団に移籍ができないことになっています。

また、この保留権は、球団が行使することにより、現役中はもちろんのこと、任意引退後3年間継続されます。そのため、昨年引退した選手でも、任意引退選手となっていれば、3年以内には他球団に入団することはできません。