最近は選手のトレードが活発になってきていますが、トレードはあくまで球団が選手の保有権を扱うものであるため、そこには選手の意思は反映されにくくなっています。

現在の球団間の移籍制度は、このトレードが行われるもととなる保留制度と、選手が自分の意思で球団を選ぶFA(フリーエージェント)制度の2つに大きく分かれます。